Event is FINISHED

社会的インパクト・マネジメント研修 【基礎コース(パイロット版)】

Description

社会的インパクト・マネジメント研修 【基礎コース(パイロット版)】


国内外において、社会課題は山積し、複雑化する一方です。課題解決や新しい価値の創造のために、行政・企業・NPOなどがセクターの枠を越え、より良い社会の実現に向けて取り組みを進めています。この動きのひとつとして、事業・活動の成果として得られる社会的インパクトを、「社会的インパクト・マネジメント」という共通の枠組みを用いて大きくする動きが始まっています。

2018年10月に社会的インパクト評価イニシアチブ(SIMI)が「社会的インパクト・マネジメント・ガイドライン」を発表しました。このガイドラインでは事業のステージを大きく4つに分け、それぞれのステージにおいて社会的インパクトを生み出すことを意図した活動を組み込んでいくことと、それを下支えする組織文化・ガバナンス体制をつくっていくことで、より大きな「社会的インパクト」へつながることを提示しています。

本研修では、社会的インパクト・マネジメント・ガイドラインに基づき、事業の各ステージ、特にその第一ステージである「計画」段階において事業者が実施するべきプロセスを紹介し、より効果的な事業運営・展開について理解を深めていきます。現場で活用できるツールやフレームを学ぶことで、団体の本部・スタッフだけでなく、事業の対象者やステークホルダー、そして資金提供者とも円滑にコミュニケーションを図り、共にインパクトを創出することができるようになっていきます。

今回はインパクト・マネジメント・ラボとしての基礎コースの発足に先立ち、パイロット版として開催します。

■日時(2日間)
Day1:2019年1月27日(日)10:00〜17:00(9:45受付開始)
Day2:2019年2月3日(日)10:00〜17:00(9:45受付開始)

■セミナー概要
Day1(1月27日)
・社会的インパクト・マネジメントとは
・インパクト・マネジメント4つのステージの概略
・ステージ1.計画- (1)情報収集・リサーチ:現状を把握する
・ステージ1.計画- (2)課題の特定と目的設定:課題を取り巻くシステムを理解する
・ステージ1.計画- (3)計画策定:システムへの介入策を考える
・ツール演習

Day2(2月3日)
・Day1の振り返り
・ステージ1.計画- ロジックモデルとモニタリング計画
・ステージ2.実行- 事業の実施とモニタリング
・ステージ3.効果の把握- 社会的インパクトの検証
・ステージ4.報告・発信-ステークホルダー・コミュニケーション
・ツール演習

※プログラムの内容は一部変更となる場合がございます。

■会場(予定/2日間):早稲田奉仕園内会議室(変更の可能性あり。参加者の方に別途お知らせします)
・住所:新宿区西早稲田2-3-18
・アクセス:東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩7分

■対象者:主に社会的事業や公益活動に取り組むNPO・団体・事業者

■定員:12名

■参加費:12,000円(2日間 *1日のみの参加でも同額です)

■講師およびアドバイザープロフィール
土岐 三輪:CSOネットワーク インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト。大学にて環境問題を専攻。ITコンサルタント、環境・CSRコンサルタントを経て、東日本大震災を機にNPOに転職し東北支援の経済復興事業に従事。その後三年間、海外NGOにてバングラデシュの農村における女性の収入創出事業に携わる。帰国後、熊本震災復興支援、社会的インパクト投資NPOを経て、2017年6月よりSVP東京の事業統括に就任し、現在は社会起業家・NPO・ソーシャルベンチャー支援を行っている。グロービス経営大学院卒業(MBA)。社会的インパクト評価イニシアチブの発足当初より参加し、人材育成および資金提供者ワーキンググループメンバー。

千葉 直紀:CSOネットワーク インパクト・マネジメント・ラボ担当。中小企業診断士、認定ファンドレイザー。「発展的評価」を用いた評価者育成プログラムの運用や、社会的インパクト・マネジメント等を通した非営利組織や社会的事業の改善、マネジメント支援に取り組む。大学は物理学専攻。日系メーカー在職中に病気を経験したことをきっかけに、仲間たちとともに医療系の非営利団体CAN netを設立、理事・事務局長に就任。上記の非営利活動を行う中で、伴走支援やファンドレインジング、評価と出会い、中間支援者としての活動に興味を持ち、現在に至る。社会的インパクト評価イニシアチブの人材育成ワーキンググループメンバー。

今田 克司(アドバイザー):CSOネットワーク代表理事、日本NPOセンター副代表理事。社会的インパクトマネジメント関連では、2015年内閣府社会的インパクト評価ワーキンググループ委員、2016年度より社会的インパクト評価イニシアチブ共同事務局メンバー。社会的インパクト評価の「文化醸成」ロードマップ作成(2016年度)、ガイドライン作成ワーキンググループ(2017-2018年度)でリーダー役をつとめる。2017年度より、CSOネットワークで「発展的評価」研修事業を展開。2018年12月より日本評価学会理事。

大沢 望(アドバイザー):(株)大沢会計&人事コンサルタンツ東京事務所所長。CSOネットワーク インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト( 2019年1月〜)。専門はNPO評価。社会課題解決、価値創造を目的とした様々な分野の事業に関する調査・評価に携わるほか、評価ツール開発やガイドライン策定などのインフラ整備にも注力している。日本評価学会認定評価士。

■主催:一般財団法人CSOネットワーク インパクト・マネジメント・ラボ

■お問い合わせ:eval@csonj.org(千葉)

※本研修は価格を抑えている分、研修受講者の皆さまからもフィードバックいただく機会を設けて、より研修の内容を充実させる第1歩にしたいと考えています。ご理解・ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

※上記お申込フォームより必要事項を明記しお申込みの上、お申込金をお支払い頂いた時点でお席を確保させて頂きます。

※定員に達し次第締め切らせて頂きますので、ご了承ください。

※キャンセル料等:お振込み頂いた申込金・受講料は、理由の如何にかかわらず、申込者のご都合によるキャンセルの場合には返金できません。

<参考URL>
社会的インパクト・マネジメント・ガイドライン
http://www.impactmeasurement.jp/wp/wp-content/uploads/2018/11/impact-management-guideline-ver1.pdf
Sun Jan 27, 2019
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
早稲田奉仕園内会議室
Tickets
研修チケット SOLD OUT ¥12,000
Venue Address
新宿区西早稲田2-3-18 Japan
Organizer
一般財団法人CSOネットワーク
66 Followers